なめら谷砂防堰堤要望

2018年9月11日

本日は 議会では教育民生常任委員会が開催されていました。

朝一番 なめら谷砂防堰堤の設置について市長に要望しました。要望者は吉田地区振興協議会と なめら谷砂防事業整備促進委員会の皆さん。

2018911-2

平成19年 26年と要望活動を行っていますが 今日現在いい返事がありません。改めて市からも強く要請していくという回答を頂きました。近頃命の危険を感じる異常気象でどこで・どんな状況になるか・・予測できません。

2018911-5
2018911-4

続いて 木次県事務所に要望されました。「155名の要望署名は重い・・」土木事務所所長さん談。早期に実現されることを願います。

2018911-7

次いで 出雲市で ノーサイの会。県一つのノーサイになって半年が経過しました。諸々の事業の実施方法に差異があります。どのように合わせていくのか・・。今後方向付けをしていく必要があります。

終了後 雲南市役所。教育民生常任委員会で「雲南市地域包括ケアシステムについて」勉強会が開催され 傍聴させていただきました。「2025年問題」・・1950年生まれの小生も存命なら75歳・・後期高齢者になる年です。

2018911-8

医療や介護・・様々な課題に対処するための包括ケアシステムの構築です・・勉強させていただきました。

明日は総務委員会です。
小生 ご葬儀・・産業観光部長のご尊父。いろいろお世話になりました。ご冥福をお祈りします。

なめら谷砂防堰堤要望」への2件のフィードバック

  1. まだ若年高齢者

    後期高齢者まさしく存命ならです・・・
    当ブログでも先般75歳で旅立たれた方がいらっしゃいました
    暑かった夏もどうやら過ぎ去ったようです、いよいよ秋です
    あと何回秋が迎えられるでしょうか?年々大事にしたいですね
    眞・ソ・バもまもなく出回るでしょう 
    成績からは離れたいですが(笑い!)

    返信
  2. HorieShin 投稿作成者

    いつもだんだんです。ほんと・・あと何回秋が迎えられるでしょうか・・なんぞかんぞ用心して頑張っていきましょう。今年の上山蕎麦・・良く咲いているところとそうでないところとあります。鳩が頻繁に来て種を食べていた関係でしょうか・・。やがてです・・秋はコウタケもありますが 皆さん無理しないようにしましょう・・じね。だれか今年は豊作だという人もいますが・・。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です